7 代目 山口組 組織 図。 山健組

神戸山口組総本部長) 若頭 — 東 正春(東組組長) 若頭代行 — 竹内匡史(神戸山口組幹事竹正会会長) 舎弟頭 — 立花清司(立花組組長) 本部長 — 永井幹人(神戸山口組幹事永井組組長) 爆サイ. 歴代組長 [ ]• 12 津田功一(二代目倉本組(旧「貴広会」)組長) - 奈良市 H11. 石川正勝(二代目川村会会長)• に四代目山口組組長に就任したは、直参昇格間もない二代目組長を異例の早さで若頭補佐に抜擢した。 三代目 舎弟頭補佐・中村伍男(組長) - 後に六代目山口組若中• 1963年時点、七人衆のうち3人(地道行雄、松本一美、松本国松)が山口組内で2次団体(一定の勢力)を持っていました。 。 総長代行 — 藤村芳文(住吉会副会長 川崎会四代目会長) 理事長 — 小野睦(住吉会東北地区統括長 六代目阿部組組長) 五代目山健組 (やまけんぐみ)は兵庫県神戸市中央区花隈町26-4に本部を置き兵庫県神戸市中央区中山手通6-3-18 中田 浩司. しかし、新体制が動き出した矢先の同年12月、銃刀法違反の罪で懲役6年の実刑が確定した司が収監されてしまう。 昭和46年(1971年)5月 山口組は、傘下組織478団体、組員10508人となった。 12 若中 青野哲也(七代目一力一家総長) - 静岡 浜松 S59. 二代目 若中相談役・松下靖男(組長) - 後に五代目山口組若中• これにより一次団体となった。 永野一雄(國竜会会長)• その時点か、もしくは判決が出るずっと以前の逮捕された頃からか、あまり時間を置かずに竹内3代目体制を発足させるというプランを温めていたと思われる。
石井 一家 組織 図 — downloadfile12. 七人衆のうち、1963年前後に2次団体を持たなかった3人(安原武夫、三木好美、岡精義)は山口組の「企業舎弟」でした 五代目山口組渡辺芳則組長が立ち上げた健竜会は名門で、神戸山口組の井上邦雄組長は四代目会長を務めていた
中村啓一(二代目南進会会長)• 地元を仕切る中井組組長、中井啓一にその男っぷりを買われ、中山は中井の盃を受ける この事件での逮捕者は13人目となった
田中勝彦(二代目矢倉会会長)• 山口組の話題や最新情報を写真、画像、動画でまとめてお届けします dat 伝わらない想いほど悲しいものは無い
一般社団法人 先端治療薬研究会の福澤先生をお迎えし、オプジーボに関する新しい情報をお話いただきました それとみなさん後藤組は資金力だけのように書いてますが後藤組組長は たしか柳川組出身の武闘派であったと思います
その桑田は2007年4月に病死する 同年、を首領に据えた六代目山口組が発足すると、桑田が引退し若頭・井上邦雄が4代目を継承、井上は山口組幹部(「幹部」という名称の役職)に就任した
82