進撃 の 巨人 120 ネタバレ。 漫画『進撃の巨人』最新121話までの伏線をネタバレ考察!

アルミンも巨人化し、戦いを挑みますが、圧倒的な数と力で壁をも破壊して突き進むエレンに劣勢を強いられることに。
殺しはしないと言うマガトに、それはよかったとイェレナは答えます リヴァイは、ものすごくエルヴィン隊長のことを信頼してるんですね
エレン: 「その鎖は?」 ジーク: 「…」「…よく気付いたな この鎖に……まぁ…」「…心配してくれてありがとう…」 「これは俺の自由を妨げるもの…」「つまり『不戦の契り』」 「やはり…ここで自由に動けるのはお前だけだ」「お前だけが始祖ユミルに命じることができる」 ジーク: 「俺とクサヴァーさんと…お前の夢だ」「頼む…」「世界を…救ってくれ」 「……」「エレン?」 ジークの表情が曇ります グリシャが何を言っているのか、にわかには理解できていなさそう
進撃の巨人=エレン• それは次なる物語への布石なのか、はたまた…… そしてアルミンの予想通り、エレンは安楽死計画に本心では賛成しておらず、ジークを裏切り始祖ユミルの力をエレンの意思で使おうとします
どちらにしてもリヴァイやミカサは壁内人類の兵力を大きく左右する存在なので、ストーリーでは壁内人類側の危機が描かれる際に一緒にアッカーマン一族の秘密が明かされるかもしれません ジークはエレンの父であるグリシャ・イェーガーとエルディア人の王家の血を継ぐ女性との間に生まれた子供でした
42857143;background-color: fff;border:1px solid ddd;border-radius:4px;-webkit-transition:border. 自分達は飛行艇を破壊されたらおしまいだが、イェーガー派はなぜ飛行艇を破壊しないのかを聞くマガトに、エレンを止めようとする自分達の存在に確証が持てないのだろうとハンジは答えます ジークが考えるエルディア人安楽死計画は、両親の愛情を十分に受けることができなかったことで考えついた計画だと思います
ライナーが12巻で言っていた「先の短い殺人鬼」「座標」という言葉の意味がここでやっと分かりました そしてグリシャは鍵を見つめながら、何かを考えている様子
グリシャはエレンに 「帰ったら地下室の秘密を教える」と約束をしました ダズは再び起爆装置の準備をはじめます
6