西岡 秀子。 【衆院国交委】西岡秀子議員、豪雨災害への迅速な対応を要請

「長崎でも大雨特別警報が出され 警戒レベル3が発令されてからあっという間にレベル5が発出されたという状況。
美輪自身は西岡の荒々しい性格と行動力及び、そのさを好んでいたことを語っている。 について「将来にわたって検討すべきでない」としており、の「持ち込ませず」の部分についても「議論する必要はない」としている。 党、参院会派「国会改革連絡会(自由党・)」代表をつとめる。 に関し、候補者の出馬表明前の同年8月23日に「菅直人首相が続投を表明すれば、対抗する候補者は相当の覚悟が必要だ。 さらに、をめぐる仙谷の答弁について「法廷闘争的な答弁はしているが、政治的には通らない」 と批判した。 エピソード [ ]• 同年2月、知事が引退を表明した長崎県知事選挙に党内の慎重意見を抑えて出馬するも、同じく新人のに敗れ落選し出馬による国政復帰に意欲的だったが野田幹事長の反対で断念。 が頓挫したのを契機に海部内閣がした後、海部を会長とする政治改革推進協議会を自民党に結成。 さらに、GoTo トラベル事業の開始が前倒しになったり、東京が対象から除外されたりした経緯と事業の最終責任者についてただした。
90
神聖な議場には揃いので入るべきだ」と苦言を呈したこともある。 (平成22年)7月30日、に代わり参議院議長に就任。 の頃からに憧れて志望だったので、小学校5年生から政治家になるまで 、同級生全員の約300名に毎年・を送っていた。 『自由思想 - 第26〜32号』石橋湛山記念財団、1983年発行、10ページ• そのためには、一律の政策ではなく、多様で、きめ細やかな支援システムの構築が必要です。 『西岡議長死去:評伝 「ミスター一徹」を悼む』、毎日新聞 2011年11月6日参照 関連項目 [ ]• 希望の党の新人候補で小選挙区で初当選したのは西岡のみであった。 衆議院側でやらに対するが否決された際に、「責任は官房長官のほうが重い」 と指摘した。
西岡も公認申請を行い 、希望の党公認で長崎1区から出馬 代表、事務局長を経て、(平成6年)に結党に参画し、海部党首実現に動く
(平成21年)10月23日、が閣議の席で、国会開会式でのの「」について「陛下の思いが少しは入った言葉がいただけるような工夫を考えて欲しい」と宮内庁に求めたのに対し、「天皇陛下の政治的中立を考えれば、お言葉のスタイルについて軽々に言うべきではない 今こそ、問題解決のためには、抜本的な真の制度改革が必要です
(昭和55年)12月に自民党に復党したが、(昭和58年)12月の総選挙では落選 高収入の一部専門職を労働時間規制から除外するの導入に反対
前職の国会議員である母とともに初登院した 「制服を着用して国会見学する子どもがいるのに、議員がリラックスした格好をしているのはいかがなものか」と説明した(8月10日付の各)
2011年(平成23年)6月、の給与を削減する法案が衆議院に提出された際に、国家財政の悪化について理解を示しつつも、公務員や人事院制度等の公務員制度について、抜本的改革をせずに人事院との協議が不十分なまま給与削減をする趣旨に反発し、衆議院から送付された場合は参議院議院運営委員長との協議の上、との協議が尽くされない限り、参議院としては法案を委員会に付託しない考えを示した (平成19年)8月、議員歴が長く、国会対策に精通している点が評価され、参議院に就任した
脚注 [編集 ] []• その為に、微力ではありますが、「一国民、一県民、一女性」の立場で、真摯に「私心のない政治」に取り組む決意です しかし、今、その政治が「国民とかけ離れていいる」と痛切に感じます
安心して子供を産み、育てることが出来る社会システムの構築、子育て・介護をしながら働き続けられる体制の整備、女性の雇用環境の改善と共に、女性の世辞参画推進のための制度づくりが必要です 憲法へのの創設に反対