五 十 歩 百 歩 意味。 故事成語「五十歩百歩」の意味と使い方:例文付き

是亦走也。 1 50歩逃げた者も100歩逃げた者も、本質的にはまったく同じで似たり寄ったりという喩え。 3 どっちもどっち。 河東が凶作であっても、また同様にしている。 孟子が答えて言うには、「王は戦いを好まれます。 樹木を切るのに適した時期に斧斤が山林に入れば、材木はどんなに使っても使いきれません。 隣国之民不加少、寡人之民不加多、何也。
有名な諺であり、何かと便利に使われる機会が多いです。 原文 孟子対曰、王好 レ戦。 直だ百歩ならざるのみ。 曰はく、「王如し此れを知らば、則ち民の隣国より多きを望むこと無かれ。 テストで赤点同士の二人が、言い争いをしている。 或いは百歩にして後止まり、或いは五十歩にして後止まる。 五十歩しか逃げなかったからといって百歩逃げたことを笑ったら、いかがでしょうか。 nearly the same ほとんど同じ まとめ 以上、この記事では「五十歩百歩 ごじっぽひゃっぽ 」について解説しました。
82