上久保 靖彦 特定 教授。 上久保靖彦教授の経歴は?コロナ集団免疫獲得説を信じていいの?

と言う教授が出てる。 武漢G型には集団免疫が成立している 動画 日本はK型、武漢G型に対する集団免疫を獲得し、欧米のG型に対抗したと主張しています。 根拠は各県での陽性率、死亡率等を元にした計算です。 血液・腫瘍内科学専攻を平成15年3月に修了。 論文の計算式ではS型感染はK型感染に干渉するようになっていますので論文との整合性はどのようになっているのかは不明です。 「集団免疫説」は、ただ注目を集めるためだけの場当たり的な説ではなさそうですよ! とはいえ、世間も急に方向転換はできないですよね。 京大の上久保教授が 日本人はコロナの集団免疫が できていると。 「」の研究賞を受賞。 長くなったので続きは次回以降にいたします。
12

G型の特徴は上久保氏によると次の通りです。

ただし、今は5000人からさらに入場者数を増やすのは適切ではありません。

上久保氏の論文投稿が3月27日ですので、この頃には既にフィリピンはG型 強毒型 に対する集団免疫を獲得していたことになります。

この時のコロナウイルスの型をS型としています。

14・K型への細胞性免疫が成立した場合、後に続くG型ウイルスの感染が予防される。

44