理想 の ヒモ 生活 13。 理想のヒモ生活13

610 views• 国内情勢も大きく変化しつつあったが、 アウラは双王国の対応から北大陸への懸念を抱き、善治郎にウップサーラ王国訪問を頼む。

96
490 views• しかし、第一王女の側室入りなど当然受けいれられるはずもなく、 その場に居合わせた人々から大きな反発を受ける 来年度と諦めていたので嬉しい誤算? 基本的には前巻の続きでゼンジロウとフレア姫の婚姻のアレヤコレヤ
小説投稿サイト「小説家になろう」で発表した「理想のヒモ生活」が、永きにわたって総合ランキング1位に輝く 36 views• 文倉 十 あやくらじゅう :古都で生まれ、育ち、現在は東京で暮らす
しかし、第一王女の側室入りなど当然受けいれられるはずもなく、 その場に居合わせた人々から大きな反発を受ける 540 views• 『狼と香辛料』 電撃文庫 など、人気作品のイラストを数多く手がける
中でもフレア姫の兄、エリク王子は善治郎に強い敵愾心を抱き、『成人の証』も立てていない男に妹はやれないと主張する 文倉 十(あやくらじゅう):古都で生まれ、育ち、現在は東京で暮らす
更に獲物を狩る時に、善治郎には扱える武器が無いのだが、双王国で貰った風の腕輪で獲物を吹き飛ばすのを見て、善治郎が非力な男だと思う事を止めた 妊娠中のアウラにとって、国務の負担が減ることは喜ばしくもあったが、 望まない方向に国が進みかねない危険性も孕んでいた
29
内容紹介(出版社より) シリーズ累計180万部突破! 「娘さんを僕にください」!? ヒモ男は王女と結婚できるのか!? 長旅を終え、ついにフレア王女の祖国、ウップサーラ王国に到着した善治郎。 それを十数日ほど続けてたら、馬鹿にしてた護衛の1人は卑怯者だと憤慨していた。 早速グスタフ王と謁見した善治郎は、 大陸間貿易と、両国友好の懸け橋としてフレア王女の側室入りを提案する。 グスタフ王との会談の場で、善治郎は大陸間貿易と、両国友好の懸け橋としてフレア姫の側室入りを提案する。 。 680 views• 1k views• 文倉 十 あやくらじゅう :古都で生まれ、育ち、現在は東京で暮らす。