ロジクール ゲーム パッド。 レビュー【ロジクール製ゲームパッドF

価格が価格だけに,「高級感がある」とまでは言えないものの,2000~3000円クラスのPCゲーム用ゲームパッドでよくある安っぽさはまったくなし。

小さ目なおじさんの手ではトリガーを押すのに微妙に力が入りません 次に[Logicool]ボタンだが,XInputモードではX360純正パッドでいうところの[Xboxガイド]ボタンとして機能する
そこで便利なのが、フリー配布されているだ この十字キーは、、D-padっていうらしいんですけど、上下左右だけでなくて斜めにも押しやすくなってるので、めっちゃ操作しやすいですよ
ただ、標準でインストールされるマイクロソフト純正のドライバでXbox 360コントローラを使う場合、振動機能が使えない、スティックの感度調整ができないなどの問題がある USB端子からPCに接続すると、4軸12ボタンのゲームパッドとして認識される ゲーム機用のコントローラを活用する方法において、かなり長らく主流だったのが、プレイステーション 2用のコントローラをコンバータ経由で接続するという方法だ
古い商品にはCDが付属していたのを覚えています いつもゲーム機で慣れ親しんでいるコントローラをPCに繋げてしまえばいいのだ
MODEボタンで十字キーとアナログスティックの役割を交代が可能 XYBAボタンは、逆でF710のほうが1㎜くらい飛び出ています
その関係か,F710のグリップ部はF310&F510と比べると小さくなっており,中指でしっかり押さえ込もうとすると幾分窮屈さがある 斜め入力がしやすいFloating D-padは好印象 ボタン類の押し心地もハッキリしていて心地いい Logitech独自開発のFloating D-padは厚みとストロークがある X360純正パッドとは異なり,二つ並んで配置されるアナログスティック 個人的には、分けて販売されていて安いということは「古い「F710」の在庫がなくなるまで安く販売してるのかなぁ
この記事では 『Xbox 360 周辺機器』のインストール方法を解説します ちょっとでかい
クリスタルなボタンが綺麗です ロジクールでは製品開発の最終段階で徹底した耐久試験を行なっており、その結果を基に実際の製品が完成する
左スティックの問題は汚れじゃないかと思っていて、掃除すれば直るんじゃないかな また,「XInputモードにせよDirectInputモードにせよ,クラスドライバで動作するため,基本的には別途ドライバソフトをインストールする必要がない」という,Fシリーズの利便性を損なう可能性もある
76

コンシューマ機の土壌から生まれた各種ゲームの多くは、当然ながらゲームパッドでの操作を前提としたゲーム性になっている。

スライドスイッチはF310とF510だと本体背面,F710だと[LB][RB]の間に置かれているため,ゲーム中に誤って切り替わってしまうという心配はない。

1400円でコントローラーを買おうとすると中華製の知らないメーカーの製品が多くて保証期間は無いものが多いのですが、F310rは 3年の保証期間がついているのが魅力。

ただし、汚れた手でさわったり、力入れて握りしめて使ってると、だんだん劣化してきます。

デバイスマネージャーを開くと 【ほかのデバイス】の 【Wireless Gamepad F710】に警告アイコンが表示されているので、その上で右クリック。

ヘルプなどは英語のままなので,使ってみる場合はの参照を推奨しておきたい。

XInput エックスインプットとは Windows ウィンドウズで XInput エックスインプットのゲームパッドを使えるようにする API プログラムの集まりです。

DirectInput ダイレクトインプットはかなり昔に開発されたものなので、現在の使い方に合わないところもあるのかもしれないですね。

なお、このドライバは有志の制作による非営利のソフトウェアなので、導入についてはあくまで各自の自己責任となるので注意したい。

10 94