バイアス テープ 作り方。 長いバイアステープの作り方!好きな幅で手作りする手順・簡単なつなぎ方と必要な材料の購入先

表の布端に沿いテープを重ね、まち針は細かく打ちましょう。 (まち針でとめてから縫っていきます)縫い終わりは縫い始めに1cm重ねてテープを切ります。 そのたびに作り方を説明しておりますが、ここはひとつ「バイアステープの作り方」の記事を書いてもいいのでは?と思い掲載することにしました。 シンプルで可愛くて、しかも安い、というタオルはなかなか見つからないんですよね。 線に沿って裁断し、いらない部分をのぞいておきましょう。 縫い代の幅をそろえて縫います。 ただしあまり小さいと継ぎ目も多くなるので、このくらいのサイズが妥当だと思います。
85
バイアステープと本体の布端を『中表』に合わせまち針で留めます。 また、生地の形に歪みがある場合は地直し、長方形を整えておきます。 長さが中途半端 の3つです。 カーブや凹凸に沿ってなだらかなラインが出せます。 引いた線が重なるように中表(布の表側を中に合わせる)にして、線上をミシンで縫います。
99
布目の方向を揃えて並べ、布端から5mm程度内側に線を引きます 布系ハンドメイドを楽しむ人には必需品ですよね
縫いつける テープを軽く引っ張りながら、カーブにぴったりと沿わせて縫いつけます バイアステープを送る 布を差し込んだら、目打ちで布を送り、テープメーカーの狭い口のほうから出します
テープメーカーを使う場合は、溝が常にテープの真ん中にくるようにすると 割と曲がらずに折ることができます でできたテープをテープメーカーの中にするすると通していきます
バイアステープってこんなにかわいい! 無地のシンプルな布をふちどりするだけで、見違えるようにかわいい布小物が作れるバイアステープ ラインが一直線になっているのがわかりますか? まち針でとめた箇所を直線ミシンで縫います
この時あまり伸ばしすぎるとテープが細くなるので軽くのばして押さえます 縫い代にアイロンをかけて割ります
バイアステープを通す バイアステープの布端を、布の裏面が上になるように据え、テープメーカーの広い口のほうから優しく差し込みます こんな感じですね
縫い代をきれいにおさめ、さらに裏側も一緒に縫うことができるため補強にもなります しっかり折ってくださいね
69