野原 広子 消え た ママ 友。 野原広子(2020)『消えたママ友』の感想|佐藤芽衣(Sato Mei)|note

消えたママにはやさしそうな夫と育児に協力的な義母がいて、仕事もしていた。
そんな生活の中、ツバサは当然綾子にばかり懐く様になり、有紀がそのことに不満を訴えてもノボルは『仕事に専念する君が好き』『母さんに色々やってもらってるのに不満を言うなんてワガママだ』と取り合わない。 子どものためにがんばってママ友付き合いしてる• 作中、他の保護者達が有紀の噂話で盛り上がり夢中になったのは、単純に陰口やスキャンダルを楽しんでいただけでなく、普段ママ友同士で当たり障りのない会話しか出来なかった反動もあるのではないかと思う。 子どもを置いて家を出たらしい。 大きなネタバレを避けていうならば、悪い意味で「俺たちの冒険はまだまだ続く!」という形で締めくくられていました。 従姉にとって辛い決断でしたが 生きていなければ 会う事すら出来なかったわけですから これで正解だったと思います。 もちろん、友子のその言葉は咄嗟に出たものでマウンティングのつもりなんて皆無だったのだが、元々落ち込んでいた春香はその言葉に突き落とされる。 本当に奇妙な関係なのだが、そこから生まれるのは闇ばかりではなく、時に心の支えとなる光もあったりする。 美人でお洒落で商社勤務でバリバリ働く格好良いワーキングマザー。
47 77