脾臓 摘出 術。 金平永二_講義動画「脾臓摘出術」Doctor's Gate

医師は、肺炎、インフルエンザ、インフルエンザ菌b型(Hib)および髄膜炎菌に対するワクチンの接種を勧める場合があります。 67

肺炎球菌感染症の既往があっても、接種する 4 Hibワクチン• また、脾臓で赤血球の破壊が起きると貧血になったり、白血球が作られないことで免疫力の低下とともに感染症状を起こしやすくなり、血小板の減少によって出血傾向になってしまいます。

ニュースレター:メイヨークリニックヘルスレター—デジタル版 なぜそれが行われるのか 脾臓摘出術は、さまざまな病気や症状の治療に使用されます。

感染と戦うのに役立ち、古い血球や損傷した血球などの不要な物質を血液からろ過します。

また、肝硬変により肝臓癌と血小板減少とが併存する症例では、耐術能に問題なければ、腹腔鏡下に肝臓と脾臓の同時切除も積極的に行っています()。

繰り返しになりますが、全摘出が適応されるのは腫瘍性疾患が多いです。