青楼 オペラ ネタバレ 50。 青楼オペラのネタバレ11巻&感想!朱音の両親を殺害した犯人がついに判明!

もちろん漫画なのでかなり着色はされているでしょうが、私たちの御先祖様もこのような想いで子孫を繋いでいったのかもしれないと思ったり、色々な目線で楽しめました。

じっくり試し読みできる作品が3000作品以上! 会員登録無料。

コロナで在宅時間が長いこの時期、自分が楽しいと思ったものは遠慮なく手にします 近江屋は代替わりをし惣右助がお店を継ぎます
ま、確かに登場人物たちもそう思ってるのかもしれませんが 利一郎は惣右助、三橋、松坂屋が仲がいい理由を尋ねる
あんなに好意を示していた惣右助よりも自身の本懐である永倉家再興のために誠二郎を選んだ朱音はやっぱり武士の娘だと思っていると朱音の顔は浮かないことに違和感を覚えました 展開も早い
惣右助は三橋が帳簿を手に入れたことを伝えます 両親を賊に殺され腰元の月を頼りに吉原へ身売りする朱音の話は少し重めかな?って思ってたけど、一気読みしてしまうくらいハマりました
あの夜に父に会った者のみが知っていることでした 惣右助は茜の襦袢の前を開けて 「・・・今宵限りなんだ もっと灯りがほしいくらいだ」 そういうと茜の胸に顔をうずめるのでした
2人は家が隣同士だったのにも関わらず、顔が知らないまま婚約関係となっていました 朱音はその家は自分の家だと気付く
そして、朱音が暗殺の夜に見た腰の三日月の痣は誠二郎のものでした 家族を殺した犯人を捜すために吉原の門をくぐり、自ら遊郭へと身を沈め、「茜」と名前を変えますが、高利貸しの若旦那、惣右助が主人公に敵意を向けながらも身請けを申し出ます
朱音は惣右助の方に走ってくると思ったが 素通りして当時の婚約者の誠二郎の元へ行く 髪結いが来るまでは 女たちは髪を下した状態となる
酒をこぼしてしまったため 紫がしたように自分の着物の袖で拭く 若旦那は子どもをつくり父になっていたのだ
69