トレンパー アルビノ。 レオパードゲッコーの種類複合モルフ【タンジェリンアルビノ】などご紹介♪

85

体は白色ですが、成長するとピンク、黄色、深い紫色を帯びてきます。

ラプターの魅力 ラプターの魅力はまるでルビーのような色をしている赤い目ですね。

サイズなどによってもまちまちですが、このくらいの価格帯で販売されていることが多いです。

黄色濃度の濃いタイプ スーパーハイポゴールデン 一部オレンジがのった個体 スーパーハイポタンジェリン ショップによっては見た目スーパーハイポなのに親がスーパーハイポタンジェリンなので その子供もスーパーハイポタンジェリンとして売り出している事もあるようです。

品種名はアルビノ・パターンレス・トレンパー・オレンジの略から• マックスノーはそれを生み出したブリーダーの Jhon Mack 氏から名づけられいます。

スポンサーリンク アプター アプター(APTOR)という名前は、「アルビノ Albino 」「パターンレス Paternless 」「トレンパー Tremper 」「オレンジ ORange 」の頭文字を並べた略称です。

SNSやDM等では受け付けておりませんのでご了承願います。

モルフの組み合わせとしてはタンジェリンアルビノの1種ですが、なかでもトレンパーアルビノが組み合わさった物をタンジェロと呼ぶのです。

なお、ハイイエローは最も流通数が多く、本品種がノーマルとも呼ばれることがあります。

63

その定義はあまり厳密ではありませんが、尾の面積の15%以上くらいにオレンジが出ていればそう呼ばれることが多いようです。

人に良く慣れ、なつく事はありませんが、とても愛嬌があって可愛いです。

ブリーダーによってはハイイエローこそを「ノーマル」と呼んで野性色の個体を品種扱いすることもあります。

またリアルレッドアイ以外にスネークアイなども生まれる マックスーパースノー スノー同士でスノーが生まれないのが定説だったのを覆した品種 完璧なスノー また目がオールブラックアイ 共優勢遺伝という事らしく、この品種と他品種を交配したF1個体でスノーが出現する事もある マックスノー) しかし若干黄色が乗る個体がほとんど ただ!中にはこれスーパー?ってほどの綺麗な個体も スーパーマックのもう一つの特徴はストライプが入ります またこの面白い遺伝形質によってマックスーパースノーのアルビノ、リューシ、アルビノリューシなどが作出されています。

似た特徴を持つ品種に エクリプスがありますが、スーパーマックスノーでは必ず体色と模様の変化もセットになっていることが大きな違いです。

56