横浜 市 金沢 区 火事。 横浜市金沢区鳥浜町の産業廃棄物捨場で発生!火災の様子は?

堂に向て右にあり、龍燈山と稱す、本尊三尊の彌陀は信濃國善行寺の寫、關東四十八靈佛の内と云、二尺許の立像なり 寺蔵の「金沢龍源寺略縁起」によれば、古くからあった浄願・光徳両寺が退転したため、明応8年に融弁が資方の助力を得、両寺を合併して新しく建立したのが龍華寺だといわれ本像は当寺誕生時に造られたことになります
ベイサイドマリーナオーナー用駐車場近く (横浜市教育委員会掲示より) 木造弥勒菩薩坐像 本像は、銅像の宝冠をかぶり、腹前の両手上に宝塔をのせ、両袖と裳裾を垂下した蓮台に安座しています
龍華寺の縁起 龍華寺は、治承年中(1177-1181)鎌倉右大将頼朝がを勧請した際に、別当寺として浄願寺と号して創建したといいます 門を入て右のとりつきにあり、本尊正観音弘法大師母堂の作と云、徳海山と稱す
(境内掲示より) 絹本著色融辨和尚像 法衣を着て、上畳上に坐り、右手に扇子、左手に五鈷杵をもっている 福壽院
火災現場周辺には、神奈川県立金沢養護学校があります (銘文省略) 八幡社
弘法五指量の作と云、こは木像の長大師一握の長さに限れるを云となり 描法は、大和絵様式の似絵風であるが、墨彩色を多用するなど、どこか禅林頂相の趣が感ぜられる
55
海上からや周辺で黒煙が上がっているのが確認されたようです 近年改装されているが、中世末葉(室町時代)における当地域の文化水準を示す優作である
銘文に刻む天文のころのものと思われない古様式の鐘であり鎌倉を中心とした地域特有の上下帯をもち、口径と鐘身の比、鐘身高と撞座高との比からみて、鎌倉時代末の作鐘とみられる 造立年代・作者ともに明確な室町彫刻として、資料的価値の高い作品です
発表によりますと8月20日午後2時22分ころ、横浜市金沢区寺前2丁目の建物で、大量の黒煙が上がる火災が発生したということです 大東建託の「いい部屋ネット街の住みここちランキング」が5月19日に発表され、神奈川県版の自治体部門で金沢区が10位にランクインした
是も唐畫なり 消火活動が終わり次第現場検証などの調査に入ることでしょう
兩界曼荼羅二幅 その後、当寺の鐘となった
龍華寺は、治承年中(1177-1181)鎌倉右大将頼朝がを勧請した際に、別当寺として浄願寺と号して創建したといいます 木造大日如来坐像(横浜市指定有形文化財) 梵鐘 文字は彫がやや細く、誤字があって読みにくいが、第四区に「天文十年辛丑五月五日 當寺住法印権大僧都善融 旦那 古尾谷中務少輔平重長道伝」とある
同作、この二種ともに木にて作る、金箔を置る物なり、灌頂の時幡を掛る具なり 金沢区は昨年の14位から10位にランクアップ
(新編武蔵風土記稿より)  龍華寺所蔵の文化財• 江戸期には寺領5石の御朱印状を拝領、古義真言宗(真言宗御室派)の檀林所だったといいます 本像は、鎌倉時代前期のすぐれたできばえを示し、銘記や納入文書が龍華寺の歴史に関する重要な情報を含む点をあわせて、きわめて貴重な作品です
69