アンネ ナプキン 広告。 アンネナプキンとは/むかしの女性はどうしてた? 女性雑誌の生理用品広告集

それを知ったK先生が、大学進学費用を出してくれたのだという 「カプセルを新発売しました」の「新発売しました」が遠くに行っちゃってますが、何かのミステイクがあったのでしょうか
社会におけるデザインの重要性に大きく注目が集まった1960年代初頭、石岡は資生堂に入社 「40年間お待たせしました!」 アメリカではすでに40年前に、ベルトに吸収体をつるすタイプの使い捨て生理用品が発売されていた
生きていくためには手に職をつけるか、男にどっぷりと依存するしかなかったのである その後、生理用品事業はユニ・チャームへ譲渡されて、アンネ社の名前は消えた
坂井さんは、アンネナプキンが発売されていた当時、新聞広告にも出られていたし、婦人雑誌にもたびたび登場されていた ルビを「つきやく」としたのは、まるで 月経があなたの悩みの大本でしょうと言っているかのようです
パルコが文化拠点として「渋谷パルコ」を計画していた時期の広告では「ファッションを、単なる衣を超えた主体的な生き方である」とするメッセージを込めて、ヌードの女性を起用 しかし、ナプキンのポリエチレン個装だけは機械化されていなかったため、工場周辺の農家に下請けに出したところ、薬事法に抵触、1週間の製造業務停止処分となってしまった
さりげないふりで「どんなお話だったの?」と聞く私に、娘は今日1時間半ほどあった「初潮について」のスライドやお話をいろいろ話してくれた 少し前までは医師が安い布で作って使い捨てにしてもよいと言っていたのですが
なぜなら、プラスチックバッグは中がなんとなく透けるので、なにを買ったかが見えてしまうからだ 全長18センチの低周波を発生する器具で、筋肉と細胞をマッサージするのだそう
ある日、発明品として持ち込まれた紙製生理用品を目にした彼女は、自らこれを商品化してみようと思い立つ 王選手を広告に起用したのは、今もおなじみ「リポビタンD」
昭和36年(1961)アンネナプキンの登場で、月経帯と脱脂綿でおてあてしていた 月経帯時代が終わり、サニタリーショーツとナプキンでおてあてする時代に 世界には今も月経小屋に隔離されている女性が大勢いる)、「月経」と口に出すことさえできず、「あれ」「お客さん」などと呼んでいた
詳しくはWikipedia「」にて 女から産まれておいて女を差別するなよな
14歳で初潮を迎えてから、彼女自身、月のものの処理にずっと悩まされ続けてきたのだ 二人の医師に共通している点は、 からだにフィットする月経帯がよくないと考えているところです
月経を「アンネ」と呼んだ女性たち 触れたように、日本では月経不浄視が根強く(日本だけではない 1961年『主婦と生活』11月号 先に考えられていたのは「あなたもわたしもアンネナプキン」というものでしたが、 宣伝担当課長が大反対をしました
巻末の資料を見ても解るが、アンネナプキンの広告はお洒落で可愛く、女に生まれて良かったと心から思えるもの 参考文献:『「モノと女」の戦後史 身体性・家庭性・社会性を軸に』(天野正子、桜井厚/有信堂/1992年). 私は来るべきときがついに来たと、思わず身体が堅くなるような思いだった
結局、発売日は延期され、せめて字面のよい日にということで、「11月11日」に決まった このように生理用品でさえ人前に出すべきではない、という意識は日本のみならず世界中で長く根強く残っていた
江戸時代からナプキン派、タンポン派にわかれていた!? パンツを着用しなかった時代 』を新たにキャッチコピーとして採用した
脱脂綿はまとまった量を購入していたと思いますが1933(昭和8)年に 発売されていた「シガレット型のシークな小型の函入り」の クラウン綿というロール状携帯用脱脂綿が1個10銭です 同及同処人皆為穢 (一部抜粋) 月のものになったら下がって昇殿しないこと
86