シティー ハンター 実写。 フランス人が心から愛する「シティーハンター」─ついに公開された実写版の評判

思い出をよみがえらせるために、全てに目を通すことが重要だったんだ。 [PR]. ちなみにヴァンサン・ポピヨンは市長にインタビューしている記者の役で、本作にも出演しているんですよ。 いつからか、子供の頃のヒーローを実写映画にするのが、僕の夢になっていた。 シティーハンターとはもちろん、1980年代のジャンプ黄金期を支えた北条司先生作のあの「シティーハンター」のことだ。 5点をつけたF氏は「すごく楽しんだよ」と書きながらも、「でも、子連れでは行かないかな」。 ラショー監督は、フランスの「」ファンのハートを、がっちりキャッチできているようだ。 アメリカや日本の系列会社のおかげで、原作者の北条司さんに連絡することができたんだ。 とにかく憧れて、収録後、家に帰って神谷さんが演じる獠の真似をしていたほど。 フランスではなんと実写版が公開された。 とにもかくにも終始ふざけていて、 隙あらば観客を笑わせようとする作品であったことは間違いない。
思えば、生身の俳優がコミックのキャラクターに寄せすぎることで発生する違和感やコスプレ感が観客に与える気恥ずかしさなど、日本での人気コミック実写化には多くの問題点が存在していたのも事実。 これが悪用されたら世界は大変なことに!タイムリミットは48時間。 もしも劇場での鑑賞を躊躇されているのであれば、迷わず劇場に足を運んで頂ければと思う。 原作者から得られる最高の誉め言葉だからね。 主役の冴羽獠役には、アニメ版で獠役を務めた神谷明の後押しもあり、TVシリーズの番組レギュラーとして「シティーハンター」の現場で育った山寺宏一が抜擢。 しかも、原作にこのストーリーを入れたかったと言ってもらえて、僕達もとてもうれしかった。 リュック・ベッソンの映画に参加した技術者をはじめ、このジャンルの精鋭を集めることにした。 実写版におけるミッションは、香りを嗅いだ者を魅了する「キューピッドの香水」を警護すること。 でも、ほとんどのフランス人からは「こんなんじゃダメだ」「これじゃ全然、期待できないよ」みたいにネガティブなコメントばかりだったんです。 最終的に、特定できる場所はモナコだけになったね。