バイオ ハザード re バース。 グロ規制がない海外版『バイオハザード』 普通にできます。【Resident Evil】

ルプ Lupu はルーマニア語で「狼」の意味を持つ。

しかし、クリス・レッドフィールドの襲撃によって安寧の時を奪われ、ローズ共々、謎の村に拉致されてしまう。

ライカン化したレオナルドに殺害される。

このため、四貴族の中で最も欠陥の多い個体と断定されている。

回避中はダメージが軽減されるため、敵の攻撃に備えて使いたい。

ミランダを倒した後、度重なる負傷で特異菌による再生能力が追いつかなくなり、右手が崩れてしまう。

ところが、城内に入った矢先に、金属を自在に操る謎の男に捕らえられてしまう。

ドナのオリジナルコンセプトは「幽霊」。

下記の内部変異からか人造湖に隠れ住んでいる。

54
屋根にいたライカンに連れて行かれる クレア• それを知っているかは謎だが、ミランダの亡き娘を蘇らせたいという自分勝手な思いと、家族(自分達)を「実験台」と見なしている事を恨んでおり、ローズを利用してミランダを倒そうと画策していた
なお,倒された際にどのB. ミランダは今まさに、ローズを宿主としてエヴァを蘇らせる儀式を行っていた ウェーブのかかった灰色の長髪と、口周りに蓄えられた髭が特徴の壮年男性で、丸いサングラスを掛けて、首には吊りはかり・ペンダント・ドイツ軍が使用したドッグタグを首にかけて、黒いソフトハットとオリーブ色のロングコートを着用している
また、死体に寄生させる事で、モロアイカやゾルダート(ハウラー)として蘇生させる事が可能な他、人形などの無機物に寄生させる事で機械操作などを用いずに自在に操る事が可能となる 村の地下にある洞窟に向かったクリスは、エヴリンを生み、ミランダに力を与えた特異菌の元となる菌根を発見する
アートディレクターの高野智成は彼女のモチーフについて、16世紀の連続殺人犯エリザベート・バートリー、日本のフォークロアの八尺様、そして90年代のアッジェリカ・ヒューストンが演じたモルティシア・アダムズに触発されたとしている ガレージにて警官が登場しますよね
ハンクは光学迷彩で姿を消せるが,輪郭はうっすらと見えるので慌てずに周囲をチェックするといった具合に,キャラクターごとのスキルを把握したうえで戦うといいだろう ウイルスは最大2個まで持つことができ,数が多いほど強いB. イーサンをライカンと間違えて発砲したことでライカンに居場所が知られ、襲撃に備えてイーサンに銃を渡す
村の背景であるマザー・ミランダや彼女に仕える四貴族の情報に精通する他、なぜかフラスコ化されたローズの存在を知っている等、謎が多くアイテムの売買の他に作中での情報屋としての側面も持つ また、スキルは一度使用すると再使用まで時間がかかるため、スキルの使用タイミングが 勝負の分かれ目だと感じた
死後もイーサンからは、「最期まで汚い野郎だ! 吐き気がする!」と嫌悪感を抱かれている バイオハザードシリーズの歴代キャラクターとB. 自身のコードネームは「アルファ」
この人物もあっさり死んでしまうのですが、 Zverでもタイラントに頭部を潰され、結構ムゴい死に方をするのですが、海外版は欠損表現の規制がないので血が鮮明になりもっとムゴいことに… 金属の面を被って頭部を守ったり、四肢に金属片を括り付けて防具・武器として利用している
なお,高い戦闘能力を有するB. CBTテストでは、6人がお互いを倒し合ってポイントを競うデスマッチルールを遊ぶことができた Hagはイタリア語で「鬼婆」の意味を持ち、ミランダが老婆に擬態しているのを暗示・揶揄した名となる