伊之助 じいちゃん。 【鬼滅の刃】嘴平伊之助の出身地「大岳山」聖地巡礼&御朱印めぐり(東京)

混乱した心理状態だったので、無理もないかなぁとも思いますが^^; でも、うっかり、時々は炭治郎!と呼んでますけどね 見にくいですが画像貼っときます 鬼滅の刃の作中では、独自の技はわりと驚かれることが多いですよね? そんな中で、刀の使い方も教わっていないのに 全ての技を1から編み出した伊之助はやはり天才と言えそうです
装備 本来の鬼殺隊士には、個々に専用の日輪刀(玉鋼の時点から本人に選ばせる)と隊服を支給されるが、伊之助はこれらの支給・説明会に立ち会わずに最終選別の場を去った為に、腕試しで打ち負かした隊士の装備を奪って使用していた 嘴平伊之助は実際にイノシシに育てられていたが… (鬼滅の刃10巻 吾峠呼世晴/集英社) 結論から書くと、 実際に嘴平伊之助はイノシシに育てられていたらしい
「なんだテメェは?かかって来やがれ ゴミクソが!!」 グワハハハ!猪突猛進!猪突猛進! 伊之助様のお通りじゃァァァ なんだか鬼が可哀想に見えてきました笑 武蔵御嶽神社は大岳山(伊之助の出身地)、とも山続き jp 嘴平伊之助、 自らを猪に育てられたのだと言い、(冒頭に述べたように)猪の頭の被り物を被った少年です
心身頑健な炭治郎が、血の滲むような鍛錬を二年間経て習得したものと同等の戦闘能力を完全に独力で身に着けている事からも、生まれながらにして高い天賦の才を有している事が分かる その理由を含め、伊之助の不思議な過去を紹介していきます
ネタバレA 襲来した無惨の手で突如として無限城へと落とされるが、むしろ伊之助は稽古で得た力の成果を試すいい機会だとして、現れる雑魚鬼を嬉々として斬り伏せていった TVなどで話題となっており、現在は里親の老婆・の元で暮らしている
ただ、長年練り上げられていない技だからなのか、技の精度がイマイチな感じはします しかし、いきなり奇妙な猪の被り物をして、祖父の家に何度も来ていた存在に最初から綺麗な言葉をかけるということは難しいと思います
このきっかけがなければ、彼は人間らしさを無くし、本当の意味で獣のような存在となっていたのかもしれません 鬼殺隊士に勝った基礎身体能力のみならず、野生で生きてきたからこその勘の鋭さ(殺気に対する反応速度)、二刀流による攻撃力、更には広域探知の技を有している事から、その戦闘能力は高い次元でバランスが取れており、最終選別を誰よりも早く通過したという実績は伊達ではない
ということは、炭治郎や善逸の名前を間違えていたのもわざとだったのでは?と思うのですが そんな彼ですが、なぜ山で育ったのかと疑問に思う方もいるはずなので、今回は伊之助の過去についてご紹介していきます
50 85