デクラン ライス。 【ウイイレアプリ2021】FPデクランライス(11/9)の能力と使い方|ゲームエイト

ちなみに2017-18シーズンは センターバックでも起用され、ディフェンダーとしてもプレー可能です。 デクラン・ライス 写真提供: Gettyimages マンチェスター・ユナイテッドはウェストハム・ユナイテッドのイングランド代表MFデクラン・ライスの獲得に向けて複数選手をトレード要員としてリストアップしているようだ。 キングストン・アポン・テムズはロンドンの中心地のひとつとしてショッピングセンターやオフィス、娯楽施設などが数多く立ち並ぶ地域です。 加えてファウル数も少なく、 タックル成功数トップ10のプレイヤーの中ではナンバー1の少なさです。 そう主張するのは英『football. 主力の多数離脱によって、この試合にCBとしてスタメン出場したアンパドゥ。 また、身長も 185cmとそこそこあり、 ジャンプ90と高いステータスを持つため、空中戦、地上戦どちらの競り合いにおいても当たり負けない強さを持ちます。 ペレグリーニ体制で欠かせない戦力となり、そのポテンシャルの高さもあってシーズン終了後にはが興味を示すなど、案の定強豪からの関心を集めた。
81

スカウト陣も高く評価しており、ポール・ポグバに退団の可能性が消えない中で、今夏の移籍市場で獲得に乗り出す可能性があるようだ。

デクランライスのステータスと適正ポジション 基本情報 総合値 国 イングランド ポジション プレースタイル 所属チーム 身長 年齢 ウェストハムRB 185 21 利き足 選手タイプ 右 レアリティ 最大レベル コスト 金玉 43 - ステータス OFセンス ボディコントロール ボールコントロール スタミナ ドリブル DFセンス ボールキープ ボール奪取 グラウンダーパス アグレッシブネス フライパス GKセンス 決定力 キャッチング ヘディング クリアリング プレースキック コラプシング カーブ ディフレクティング スピード 逆足頻度 瞬発力 逆足精度 キック力 コンディション安定度 ジャンプ 怪我耐性 フィジカルコンタクト - 適正ポジション 所持スキル ドリブル系スキル パス系スキル シュート系スキル GK系スキル ディフェンス系スキル 特殊系スキル デクランライスの評価・おすすめの使い方 中盤の潰し役として強力 デクラン・ライスは DFセンス89、ボール奪89、アグレッシブネス91と高く、スキルに「」「」を持つため、中盤の潰し役として強力と言えます。

同メディアによると、ライスは3月のイングランド代表活動中にハリー・マグワイアやルーク・ショーにマンチェスター・Uのことを尋ねたという。

『football. ウェストハムではアンダーカテゴリーを順調に駆け上がり、2015年12月にはクラブとのプロ契約を締結します。

しかし、ユナイテッドはライス獲得に向けてイングランド代表MFジェシー・リンガード、元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ、イングランド代表DFフィル・ジョーンズのいずれかを交渉の一部に含めることを検討しているようだ。

そのような地域で生まれ育ったライスは幼い頃からサッカーの才能が優れていたようで 2006年(当時7歳)にチェルシーの下部組織に加入します。

ただチェルシーの下部組織では競争が激しく、2014年(当時14歳)にはチームから放出されました。

『THE sun』が報じたのは、MFデクラン・ライスの売却だ。

そして2018-19シーズンにはトップチームでフルタイム出場する試合が多くなり、終わってみれば公式戦38試合に出場。

若手有望株のライスに対してはレアル・マドリードやマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティなどのビッククラブが獲得に関心を示しているそうです。

32