日航 機 123 便 墜落 事故 の 真相。 【日本航空史上最大の陰謀論】JAL123便墜落事故の怖すぎる真相

51
疑惑の始まり」「日航123便墜落。 理由のわからない不思議がいくつもあるために、陰謀説もささやかれているのです。 今回の記事では分かっている情報と僕の憶測が混ざっていますが、たぶん123便の事故はこのようなことだと僕は解釈しています。 『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。 これでは、元々の破損部分を切ってしまった可能性もあります。 それは救助に来るまでの空白の12時間です。

行われた『証拠の隠滅』 13日朝7時頃から、本格的な救助が始まりましたが、その時には、もう現場では誰の声もしませんでした。

その後、2011年8月には、有識者会議を経て民主党政権が、特定秘密保護法の前身である秘密保全法の国会提出を目指し始めています。

この悲劇を風化させてはならない。

機体は操縦機能を失った。

の海底に沈んでいると思われるなどの航空機部品の調査探索を20日間で打ち切った• ただ、墜落事故直後の日本経済新聞には、「生存者7人発見」、朝日新聞には、「生存者は8人」との見出しが飛び交ったのでした。

今だったら誰もがを持っていて、動画や画像を撮影して、即座にネット上にアップできちゃうんだから。

垂直尾翼は、事故の原因を知るのに最も大切な部分です。

では、もしこの『日本航空機墜落事故』が陰謀であるとするならば なぜ、123便は撃ち落とされなければならなかったのか。

犠牲者の小川哲さんが機内で撮った写真に、謎の飛行物体が写っている。

日航事故機の操縦性の判断として、事故調も「飛行の継続が出来た」ボーイング社も「旋回、上昇、降下飛行が出来た」• しかし、米軍の上官の指示は「引き返せ」ということであった。

79