テイク オーバー ゾーン と は。 【リレーの極意】今よりもタイムを速くする2つの方法①

私のクラスは約半数の子ども達がテイクオーバーゾーンの中央あたりで待機します 詳しくは次の記事です
ポイントは、 落とした選手が拾うこと このマーキング地点は練習時に決めます
だからタイムが速くなるのです このように規定されています
2018年度ルール改正でテイク・オーバー・ゾーンの長さがリレー種目によりかわります 加えて、そのような状況でバトンを落としたとき、 バトンが横や進行方向(フィニッシュラインの 先も含む)に転がり、 拾い上げた後、競技者は バトンを落とした地点に戻ってレースを再開 しなければならない
次走者が待てる範囲はブルー・ゾーンとテーク・オーバーゾーンの 中であり、テーク・オーバーゾーン内でバトンパスできればどこで待って いても構いません そのは、 テイク・オーバー・ゾーン内で行われなければならず、選手の身体の位置には関係なく、 バトンの位置で決まるということです
テイクオーバーゾーンのスタートから走り出すのはよろしいですが、いきなり中央からスタートは危険です 次の記事はリレーのや加速ゾーンに関することが書かれていますが、 中には20mの時の記載がありますのでご注意ください
バトンを渡すタイミングは頭では分かっていても、いざやってみるとかなり難しいものです レーンが分かれていないということです
1

また、次の走者が助走を始め、トップスピードになったところでバトンを渡しましょう。

それはあくまでもテイク・オーバー・ゾーン 内でのバトンの位置のみが決定的なものであ り、競技者の身体の位置ではない。

助走が長い方がトップスピードに近づけやすいので、普通はブルー・ゾーン の一番手前(一番長い助走距離になるところ)で待ちます。

また、大会によっては、ビデオ監察ということも行っており、が正しく行われているか、違反はないかを別室で確認することも 行われています。

(受け渡し)の「テイク・オーバー・ゾーン」 バトンは、テイク・オーバー・ゾーン内で受け渡されなければならない。

ちなみに私もその若い先生も勝負事には燃えるタイプで、指導にも熱が入ります。

つまり改正前のルールにある、 テイク・オーバー・ゾーンの前10m以内のところから走り始めてもよい加速ゾーン(通称「ブルーゾーン」)がある場合にそこでもを行って良いことになります。

それと、その反応がリアルタイムで分かる楽しさがあります。

62