ハイキュー bl 小説。 ハイキューBL小説

179• 397• 525• 248• 185• 186• 息が浅い。

168• 148• 」 「付き合ってない。

689• 」 これ以上聞くのは、花巻を傷つけることになる そう感じた俺は 探りを入れるのをやめた。 421• 186• 330• 疲れて俺のベッドで寝てしまった花の頭を、撫で続ける。 185• 花が泣かない代わりに、俺が泣いてやる。 こんなになるまで、気づけなかった。 186• あいつはただのチームメイトだ。 186• こんな花、初めてみた。 297• side松川 「どうした、花」 花が、何かに悩んでる。 「なん、でお前が 泣くの」 「んーわかんない、」 「そっか、ありがとな。
56
390• 156• 140• 254• 244• 爆発寸前まで抱え込んで、自分で消化しようとする 腕の傷も酷い
387• 聞き耳を立てた俺は絶句した 180• 376• 154• 186• たどり着いたのは、何故か屋上
「帰ろう?」 花を引き摺るように自宅に連れ帰り 事情を話させるという酷なことはせず、 風呂に入れた後は抱きしめたり頭を撫でたり なんだか恋人のような事をしていた ごめんな、ごめんな
隈が酷い 411• 388• 403• 189• 」 モブ「嘘ついてると、ここ もっと突いちゃうぞー?はははっ 笑 こいつマジきめぇ!」 花「あぁッ……やっ、やだっ……やめて…!!…」 複数に押さえ付けられてその内の1人に 後ろから犯され喚く花巻がいた
379• 180• お前はなんで、そうなんだ 238• 「花?」 「は、はっ……っは……は、ぅぐ、………………」 「花!!?」 過呼吸か、やばい 袋探さないと
238• 頬に溢れてくる松の涙が辛い 隈が酷い
72