馬 と 鹿 歌詞 意味。 馬と鹿(作詞:米津玄師 作曲:米津玄師) 歌詞の解説!

カテゴリ• 今回の曲についても、さすが米津玄師だと思わざるを得ないような素晴らしい仕上がりを感じます。

「晴れ間を結えば まだ続く」とは、何回も別れそうになってもまた肩を組んで最後まで同じ夢を目指して走り続ける二人を綺麗に表現しているフレーズだなぁとこの解釈では感じられますね。

しかし、ここでは、およそ希望を感じさせない言葉が、春に付随している。

かつては強豪チームだったアストロズだが、いまは成績不振にあえいでいた。

まとめ いかがだったでしょうか。

2019年7月7日にスタートしたTBS日曜劇場「ノーサイドゲーム」。

つまり、後に続く「痛みは消えないままでいい。

「私は死ぬ。

そしてここで出てくる何と呼ぶか知らなかったも の、そして呼ぶことができた花の名前とはラグビ ーチームのメンバーのことを指すのでしょう。

これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか僕は知らなかった サビのこの歌詞では、君嶋がアストロズと関り変わっていく姿を現しているのでしょう。

米津玄師twitterより 今回は主人公が「逆境」に立ち向かっていく様をテーマにした作品である ことを理解することができますね。 「逸る胸に 尋ねる言葉」とあるように、主人公はこれからの人生について自問自答を繰り返して悩みまくっています。 そして今、無意識にずっと噛んでいた口の中のガムの存在まで気づくことになってしまった。 でもまだ熱い心が残っているのです。 「ノーサイド・ゲーム」は大泉洋演じる君嶋隼人が社内の権力者への反駁をきっかけに左遷され、社内ラグビー部・アストロズのとして奮闘する様が描かれており、米津は「主人公が逆境の中を進んでいく様をどうにか音楽にできないかと探った末にこの曲ができた」とコメントしている。 週間1位(、8週連続、通算11週)• ダブル・プラチナ(CD,)• 時間がある方はこちらの人気記事をどうぞ。