京浜 急行 バス。 京浜急行バス(いすゞ)|バス写真アーカイブ

3月20日:夜行高速バス「」を運行開始。

(昭和23年):が発足、自動車部は7営業所・車両173台で営業開始 (昭和55年)5月11日:横浜駅東口 - YCAT直行バスを運行開始
1997年• 夜行高速バス「エディ号」を経由に変更 当社では、様々な運行スタイルで人々の毎日の生活を支えています
10月1日:京浜急行電鉄のバス事業を会社分割し、京浜急行バスが事業承継して営業開始 これは「 京急型ワンステップバス」と呼ばれ、その後のワンステップバスの構造はほぼ京急型ワンステップバスがベースとなっている
1950年• 2008年度には2代目りんどう号が導入されたが、これはをベースにで改造された車両である 2019年3月31日をもって撤退、翌日からはの単独運行
2月1日:横浜 - 三崎の急行バスを運行開始 旅行業免許を取得• 所属営業所(および用途)を示すアルファベット記号と、原則として4桁の数字で構成される
また、鎌倉や衣笠、三崎などにも中型ロング車が配置され、横浜にも大型車が配置されていた 羽田空港 - 東京ビッグサイト(お台場)• 1944年(昭和19年)に入ると、高輪営業所が廃止され大鳥居営業所に引き継がれたほか、浦賀営業所が久里浜に移転し久里浜営業所と名称を変更した
2006年• 国際線ターミナル - 東京ビッグサイト• 2019年4月1日より一部便が流山おおたかの森駅西口に停車、同駅停車便は国立がん研究センターを経由しない なお梅森蒲田自動車は同年中に遅れて東急に合併し、同社の機構は雑色営業所に吸収された
45
現在は路線)を傘下に収める 新橋駅発の2路線は、の影響による旅客需要低下のため、をもって廃止
(昭和20年)8月15日:を迎える 本社郵便番号 220-0011 本社所在地 神奈川県横浜市西区高島1-2-8 本社電話番号 045-264-6888 設立 2003年4月10日 営業開始 2003年10月1日 資本金 1億円 従業員 1,718名 2020年3月末日現在 売上高 222億6,300万円 2020年3月末日現在 事業所 本社 営業所 ( 東京都内: 旅客サービスセンター、京浜島営業所、羽田営業所、大森営業所 神奈川県内:新子安営業所、杉田営業所、能見台営業所、追浜営業所、鎌倉営業所、逗子営業所、堀内営業所、衣笠営業所、三崎営業所、久里浜営業所) ほか 株主構成 京浜急行電鉄 株 100% 子会社 京急バスリアルエステート 株 、東洋観光 株 沿革• (京急観光バス移管後2008年撤退)• 阿南系統は2019年9月30日をもって廃止
運行の端緒となる (平成5年)• (昭和45年)10月1日:三浦交通(1954年11月、葉山観光自動車を改称)のバス事業を承継
(昭和36年)• 1970年から1985年までは羽田に新造投入された大型車のほぼ全車がふそう製であった 本社所在地:神奈川県横浜市鶴見中央2丁目16-24• トイレ付き車両で運行される
(昭和40年)8月25日:羽田空港 - 東京駅間(経由)の急行バスを運行開始 2021年3月15日をもって廃止• 京浜急行バスグループすべての一般路線バスにバスロケーションシステムを導入完了 羽田京急バス 株 東京営業所の車庫用地に車庫機能を維持したまま京急EXイン羽田がオープン• 旧梅森蒲田自動車のバス路線のうち、旧梅森自動車の路線• (昭和14年)• 3月23日:PASMO、など交通系ICカード全国相互利用サービス開始
(記号:M)• 一方、「キャメル号」は共同運行の日本交通、日ノ丸自動車も運行を取りやめ、路線廃止となる 12月19日:川崎駅・横浜駅・羽田空港から木更津駅間の「アクアラインバス」を運行開始
当時の排出ガス規制の車両 PK-RP360GAN は全国で25台ほどしか生産されていない (2年)8月:京浜電気鉄道、川崎住宅地線( - 京町)を開業(現在はがその路線を含めまで運行)
(記号:F)• (昭和5年)• 京浜急行電鉄時代 [ ]• 横浜駅東口 - - - -• 小型車には路線バス標準カラーの車両も存在する 5月:湘南半島自動車、日本自動車道を合併
2008年にバス事業撤退 1963年• 京急観光バス 株 に高速バスおよび空港リムジンバスの路線移管を開始• 望月軍四郎(京浜電気鉄道社長)、横須賀自動車(1925年7月設立
83