ズーム インフォ 株価。 【米株解説】ズームインフォ・テクノロジーズ(ZoomInfo Technologies)

同社の成長率は最近では50%を超えており、営業利益率も50%を超えている。

2012年に自身が運営するヘッジファンドの資金を不正に流用したとして有罪判決を受けた 通常、売上高>営業CF>純利益となる
しかし、それはあくまでも核心であり、私がこの会社の名前を再検討し、株式を推奨するに至ったのは、その精巧な作りのためである 40ドル) 第1四半期売上高、調整済みEPSはともに予想を上回った
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します DocuSignが電子署名の会社であるのと同様に、ZIは、連絡先のまとめという比較的ありふれたデータを利用して、自動化された市場参入の枠組みを作ることができた会社です
そして、みずほはズームインフォ(ZI)を"Buy"と評価して、ターゲット株価を63ドルの高価格な数字を出しています これはそのZoomについての記事ではなく、もう一つのZoomについての記事です
ZIの株は、ここ数日、最も打撃を受けた成長株や、この国の経済が徐々に再開されることに関連したいくつかの株を中心としたラリーには、特に参加していない 同社が第1四半期に予想している季節性を考慮すると、ZIの予測の詳細は、今年度の残りの期間の連続成長率が8. ZIがんばってほしいです
65
現在の顧客数は15,000社にのぼり、順調に販路を拡大しています IPO価格21ドルに対して初値は株価40ドルとなり好調なスタートとなり、初日の終値株価は34ドルで取引を終えました
もちろん、Snowflakeとの連携がすべて成功につながるわけではありませんが、ユーザーがZIに関連するデータを消費するための新たなチャネルを提案しています 私の考えでは、ZI社が販売するサービスは、多くの営業・マーケティング担当の幹部が抱えるペインポイントに対して、効果的なソリューションを提供するサービスだと思います
ズームインフォ・テクノロジーズは何をしている会社で、どうやっているのか 読者やコメンテーターの中には、ZoomInfo Technologiesを、様々な組織の営業マンがターゲットを絞れるように、精選された見込み客リストを提供しているだけの会社だと思っている人がいる 今回の買収は、製品自体がもたらす収益よりも、ZoomInfo Technologiesが顧客を獲得し、その技術を活用して収益の拡大に貢献することを目的としています
は、世界中の営業・マーケティングチーム向けに、クラウドベースのGo-to-Market Intelligenceプラットフォームを運営しています ZIを購入するために、テンバガ候補として保有していたETSY,OKTA,TEAM,RNG,TTDを売却してしまいました
ズームインフォ・テクノロジーズ(ZoomInfo Technologies)の強み ズームインフォ・テクノロジーズ(ZoomInfo Technologies)のプラットフォームは会社や専門家に関する情報・洞察を提供するというものです 個別株は難しいですね
楽天証券も調べてみましたが、ZIの銘柄は出てきませんでした 同社のビジネスは、パンデミックの発生時に、少なくとも同社の目標に比べてスピードが落ちました
69
ZIの株式が繁栄するためには、悪意のない環境が必要です このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません
そして2019年2月にマサチューセッツ州に本社を置くビジネスユーザー向けの連絡先情報のプロバイダーとして知られていた Zoom Information(ZoomInfo)を買収 同社の顧客には、フェイスブック、ウーバー、スターバックス、マリオット、ソニー、コカコーラなど名だたる企業があり利用しています
多くのソフトウェア企業がそうであるように、Zoom社の市場開拓戦略の1つは、企業に強く軸足を置くことです このような環境下では、営業生産性向上のためのソフトウェアツールへの投資が優先され、ZIはその恩恵を大きく受けることになるでしょう
西アフリカ、ブラジル、メキシコ湾を中心として世界各地でリグを稼動している 仕方ないのでFBを買い戻し、一部BABAを購入しました
同社の業務の中心は、シグナルと呼ばれるものを収集することです ZIはかなり最近のIPOで、2020年6月4日に公称価格21ドルで公開され、取引初日は34ドル、取引1週間目は52ドルで終了しました
現在、 ズームインフォの顧客数は約1. ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません 採用データベース|候補者ソーシングプラットフォーム|ZoomInfo これは明らかにLinkedInの様々な採用アプリに対抗するための製品であり、最近では採用領域のバイブルであり聖杯となっている
この成長が実際に鈍化しているという兆候はなく、むしろ加速している可能性があります 出所:銘柄スカウター米国株、Morningstar, Inc. この2つの買収を合わせると、前四半期の総売上高の1. この会社の収益性はどの程度なのでしょうか?前四半期の非GAAPベースの営業利益率は45%でした
この会社のCEOであるヘンリー・シャックは、約14年前に(別の名前で)この会社を共同設立しました バリュエーションの面で最も優れているのはVeeva社です
中長期的に見て良い投資先だと思います これは、私が共有している見解ではなく、特に論理的であるとも思わないし、多くの裏付けがあるとも思わない
36