己 の 弱 さや 不甲斐な さ に どれ だけ 打ちのめさ れ よう と。 【高梨の多摩雑感vol.28】リーダーは「心を燃やせ」

鬼殺隊は政府非公認の組織ですので国からお金がもらえるわけではありませんし・・・・。

~略~ 俺はもうすぐに死ぬ 喋れるうちに喋ってしまうから聞いてくれ 弟の千寿郎には、心のまま、正しいと思う道を進むように伝えてほしい 父には体を大切にしてほしいと それから竈門少年、俺は君の妹を信じる 鬼殺隊の一員として認める 汽車の中であの少女が血を流しながら人間を守るのをみた 命を懸けて鬼と闘い人を守る者は誰がなんと言おうと鬼殺隊の一員だ 胸を張って生きろ 己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと 心を燃やせ 歯を食いしばって前を向け 君が足を止めてうずくまっても時間の流れは止まってくれない ともに寄り添って悲しんではくれない 俺がここで死ぬことは気にするな 柱ならば後輩の盾となるのは当然だ 柱ならば誰であっても同じことをする 若い芽を詰ませない 竈門少年、猪頭少年、黄色い少年 もっともっと成長しろ そして今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ 俺は信じる 君たちを信じる 引用: 思い出すだけで泣けます(泣)。

君たちを信じる」 煉獄さんは、そうして笑ったのです……。

他に一人の犠牲も出させず、只一人、 錆兎だけが戻らなかった。

しかし炭治郎は叫ぶことをやめません。

遺族年金は制度が始まっておらず、生命保険には加入できる可能性が低い• ケガを心配する彼女に「僕が死んでも悲しむ人はいないので」とあっさり答えるアバラ。

だって実際、そんな願いも幸せも、当たり前のものではないのですから。

上弦の参も堕ちたものだ、と失望しきっている様子だ。