川口 浩 探検 隊 シリーズ。 名言・珍言!「水曜スペシャル『川口浩探検隊シリーズ』」の秀逸な番組タイトルを分析

「川口浩探検(険)シリーズ」と表示されるようになった のは後期からのようですが、本サイトでは一連の川口浩を隊長とする、水曜スペシャル取材班の取材活動(探検)を「探検シリーズ」として扱って います。 しかし、2004年10月改編で水曜19時台に関東などでは日曜未明(土曜深夜)、関西地区では土曜夕方に同枠で2度放送し高視聴率を獲得した『』、また20時台には木曜23時台で放送していた『』が昇格。 go-to-top-button, container fb-root, container. 25 ;-moz-box-shadow:0 1px 0 rgba 0,0,0,. さらに、驚くような場面での効果音、隊員が毒蛇やピラニアなど困難に出会うときなど田中さんのナレーションが追い打ちをかけるように番組を盛り上げています。 - 1979年1月3日。 関連項目 [ ]• そんな島、蛇の異常発生以前の問題として、とても暮らしにくいと思うんですけどー。 - 1989年から同年まで6回に渡って放送。
警視庁24時シリーズ タイトルは「警視庁」となっているが、全国各地で様々な犯罪を取り締まる警察官の姿に24時間密着取材を敢行したドキュメンタリー これらに対してクレームを付ける人が増えて問題になることを防ぐには、テレビや映画を全て真に受けてしまう人に視聴制限を与える方が手っ取り早いかも知れません
なお、前シリーズで疑念となったやらせ問題については、サブタイトルに「冒険エンターテイメント」と標榜し、あくまでドキュメンタリー番組ではないことを明示することで対処している の海外ドキュメント
では一体どうやって島に上陸するのかというと、年に1回、大潮の干潮時にだけ水面から顔を出す洞窟の入口があって、そこから舟で進入するしか手立てがないというのだから、何とも不便な話でありますな 恐怖シーンや大発見シーンなどでは必ず「ジャーン」と派手な効果音が流され、によるダイナミックなナレーションも展開を盛り上げた
『読売新聞 縮刷版』 読売新聞社、1978年4月26日テレビ欄 ドリフもの• 土曜日• ちなみに『水曜スペシャル』初登場は、1977 年7月20日放送で司会としてらしいです
登録されたメールアドレスに毎週土曜、メールマガジンが配信されます ただの大きな蛇ではなく、双頭の大蛇というのだから、これは相等にグロいものですよね
司会は・・ 視聴者の一部が、「ドキュメンタリーだと思っていた
が、探検隊の一行が先に行ってしまったにも関らず、カメラマンはその場に残ってニシキヘビの観察を続けていた模様です ヒントマンとして、当時テレ朝のアナウンサーだった古館伊知郎氏が出演
16