画面 キャプチャ。 Windowsパソコンのスクリーンショットを撮る5つの方法! PC画面を画像で保存するやり方 [Windowsの使い方] All About

このサイトでも利用しているようなスクリーンショットを取る(キャプチャーする)のに便利なソフトです。 これは「Snipping Tool」の強化版アプリで、のダイアログに「切り取り&スケッチを使ってみる」と表示されているかと思います。 起動するとタスクトレイに常駐し、[Shift]キーや[Alt]キーなど3つのキーを組み合わせたホットキーを押すだけで、画面をキャプチャーした直後にダイアログを一切表示せずにすばやくプリンターで印刷したり、減色・リサイズ加工したうえでBMP、JPEG形式の画像ファイルとして保存することができる。 撮影した画像はワークスペースに保存されます。 ファイル名を指定して実行から開く• [名前を付けて保存]します。 指定時間後にキャプチャーしたり、数秒ごとに連続キャプチャーすることも可能だ。
12
単にスクリーンショットといった場合は画面全体を取り込んで画像化することを指すが、パソコンなどで表示に対応している場合は選択した(な)の内容を取り込むこともスクリーンショットということがある。 「マイク」マークアイコンをクリックして、マイクオーディオデバイスを選択してください。 キャプチャーした静止画/動画は、ホーム画面にサムネイル/リスト形式で一覧表示され、タグを登録することで画像や動画を探しやすくすることができます。 別の領域をキャプチャする際には、左上の「新規作成」をクリックすると再度領域選択状態に戻ります。 [Ctrl]キー+[S]ですぐに開くことができます 2. Snipping Tool スニッピングツール Windows 7以降のOSには、Snipping Tool スニッピングツールという画面キャプチャのソフトウェアが搭載されています。 キャプチャ後の動作(印刷、保存等)を含めて1発で指定できるため操作性がよく、同じ作業を反復して実行するとき等には特に便利です。