ご 発展 と ご 健勝。 「ご活躍」は目上の人には使えない?正しい意味と使い方を解説

また、「ご清祥 ごせいしょう 」という言葉はビジネス文書や手紙、メールで使われる言葉です。

特に、退職や転勤をされる方に「がんばってください」と伝えるときに便利な言葉ですので、覚えておくと良いでしょう。

ついに大役就任ですね。

決まって使われるフレーズです。

RE03 定年・退職・転職 お父さん長年ご苦労様でした。

86
それができれば、 あなたの印象や評価が 良くなることは間違いありません 将来会社を背負っていかれる第一歩
この「ご活躍」という言葉は、「めざましく活動する」や「大いに手腕をふるう」という意味があります ご健康にご留意のうえ、一層の卓越した手腕を発揮され、 ますますのご活躍を祈念いたします
BU23 人事(就任) この度のご就任、心からお喜び申しあげますとともに、 今後ますますのご健勝と貴社のご隆盛を祈念いたします 瀬戸様におかれましては、 ご健勝のことと存じます
今後も益々の貴方様のご健勝と末永いご多幸を 心よりお祈り申し上げます 」 11、「今後益々のご活躍と ご健勝をお祈り申し上げます
文書の締めのあいさつで使用する場合 メールや書面など、文書の締めの挨拶で使用したい場合は以下のようにしましょう 最初に前文で使う際の例文から 1、「 ご健勝のこととお慶び申し上げます」 2、「新春の候 皆様におかれましては、 ご健勝のこととお慶び申し上げます
「ご健勝」の類義語、併せて使いたい表現 「ご健勝」は他の言葉と併用すると より良き印象を相手に 与えることが出来ます 「ご健勝」の意味 先ず始めに「ご健勝」の 意味を見てみましょう
BU41 人事(就任) 理事長ご就任、おめでとうございます
こちらの例文は、飲み会で挨拶をするときに使うことができる例文となっています 迷ったら「ご健勝」を使用することをおすすめします
相手の健康を気遣う、願うという意味を持つことから、相手の年齢や身分・地位などを気にせず使うことができます 同じ「ご健勝」でも 大分印象は変わってきますね
現在の活躍を称えるときは「ご活躍を拝見」 「ご活躍」は、これから活躍することを応援する場面で使うことが多いですが、現在の活躍を称えるときにも使うことができます 順風満帆、新たなる門出に幸多かれと祈ります
9
ちなみに、 『岩波 国語辞典 第四版』の「健康」の項には、 けんこう【健康】[名]すこやか(さ)。 海外の取引先や社員に向けて英語でビジネスレターやメールを作成する際、相手の健康を気遣う一文を入れることはよくあることです。 今後、益々のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 心より敬意を表します。 BU13 人事(就任) この度の大役へのご就任、心よりお慶び申しあげます。 「ご活躍」と同じように、相手を応援したり、気遣う気持ちで使う挨拶の言葉です。 今後も益々の貴方様のご健勝と末永いご多幸を 心よりお祈り申し上げます。 ビジネスの場面でよく耳にする言葉ですが、 「ご健勝 ごけんしょう 」という言葉は個人に向けて使うことがふさわしいとされています。 この「ご活躍」という言葉は、「ご多幸」という言葉と同じように、手紙や文書の最後の挨拶や締めの言葉として使われている言葉です。
58