いないないばぁ放送事故。 【放送事故伝説】笑えないバラエティ骨折事故伝説!体重100キロがのしかかり骨粉砕! (2019年11月9日)

放送事故どころじゃなくテレビで生放送で格闘技出来なくなるぞ》 《初めて失神見て泣いた。

いったん音声が復旧したが、その後も音声が途切れたりスタッフの大声などが聞こえたりするなどのトラブルが続いた。

最初は 『いないいないばあっ!』でおなじみの「わ~お!」でした。

機器の操作性などの改良• 約2時間後の22時前に復旧したが、視聴率が高い時間帯に発生したトラブルだった為、青森放送には問い合わせ等が相次いだ。

直後に同テレビ番組の出演者兼構成作家のが飛び入り出演し放送上で事情を説明したが、エフエム北海道・HTBテレビの両社に苦情が寄せられた。

また、自然風景を映しているだけとあって、音声は物音や風の音がかすかに聞こえるのみ。

TBS側は事態を強く受け止め、「感謝祭大相撲」およびローションを使った相撲、体格差のありすぎる者同士の対決企画をしばらく見直すきっかけになったとされる。

結果別の分類は各項目を参照のこと。

スポニチ 2012年04月09日配信 2019年06月08日閲覧• のちに鶴瓶はフジテレビに対して謝罪している。 このような素材を扱う場合、事前に「素材が古いため、見苦しい(あるいは聞き苦しい)場面がある」という旨のアナウンスを入れるなどの処理がなされる。 原因は映像や音声を各送信所に送る機器の不具合による。 ワンワンが言ったわけではないですが(笑)、あまりの衝撃発言でした。 放送法施行規則では、放送事業者は次の例を報告するべきと定めている。 0% 8位:苗山事件(NHKで放送中電話でインタビューしていた苗山さんの音声が途中で途切れ、復活したときには別人のような声になっていた) 7. 原因は内の電源設備が老朽化し、が破損したため。 なんせ、私は中学生以来、ほぼまいにちしこってるんですから。 その後VTR1が割り込み状態で流れはじめ、VTR2に戻り、その後は正常に放送された。 922人でアルゴリズムたいそうをしたことがある 『ピタゴラスイッチ』の名物コーナー「アルゴリズム体操」。
38