子供 鼻血 多い。 子供の鼻血が頻繁なときの危険な病気の見分け方や予防法は?

・「鼻の上の骨の硬いところを押さえる」 出血している部位と異なるため血は止まりません。

鼻血予防に効果のある食べ物は…ビタミンAとビタミンCです。

鼻の粘膜が弱まっているときや、鼻風邪気味で鼻がグズグズいっているときはますます血が出やすいので、余計に繰り返してしまうのです。

鼻血が30分以上続くような場合は救急車を呼ぶことも考えましょう。

また、夏場に出やすいのは事実ですが、多いのは、暑さでのぼせやすい子どもです。

子どもの鼻血 子どもの鼻血はアレルギー性鼻炎と鼻いじりによるものも多い 小児の鼻血の原因として多くみられるのは、「」があり「鼻いじり」をしてしまうというものです。

疲労感や息切れを覚えたり、顔が青白くなったり、また血圧が低下し、めまいが起こることもあります。

この記事の目次• 冬期など、肌が乾燥する時期は鼻粘膜も乾燥しやすく、出血しやすい状態になります。

小児白血病…子どものがんでは最も多く治る子が増えている 小児白血病は、小児がんでもっとも多い病気です。

子どもの鼻血は、免疫力が高まり風邪を引きずらくなること、成長と共に鼻の粘膜が強くなることで自然と減っていくものです。

82

ただ、子供の鼻血に関しては、そのほとんどが過度に心配する必要はないので、冷静に対処してください。

実際に鼻をほじっているこどもにそう言って注意するママも多いと思いますが、果たして本当でしょうか。

鼻の内部に傷を作ることは鼻血を出してしまうだけでなく、細菌やウイルスに感染させてしまう可能性があるのです。

キーゼルバッハ部位 出血の原因は? 出血の原因としては、以下が挙げられます。

鼻周辺が臭う 鼻血が出やすい…つまり鼻粘膜が弱っていることに加え、上記のような症状がある場合は副鼻腔炎が疑われます。

血が固まりにくい血友病や、出血しやすくなる白血病なども考えられますし、もし歯茎など他の部位からの出血もあれば、特発性血小板減少性紫斑病や肝炎なども疑われるので注意が必要です。

8