青楼 オペラ ネタバレ 49。 青楼オペラ【最終回】最新話ネタバレあらすじ感想!惣右助と朱音のその後…

物語の途中から「お家の再興」と「若旦那との恋」の両方を叶えることは不可能だと知り、朱音はどちらを取るのだろう、とハラハラドキドキしていました。

おすすめ漫画. 若旦那は朱音とケンカ中らしい。

自分との接吻が嫌だったのか…とショックを受ける惣右助だったが、朱音の様子で自分の子を身篭っていることに気づく 何か考え事をしている朱音に気付く誠二郎
それは惣右助も例外ではなく、近江屋にまでも圧迫をかけてきて、金が流れないよう仕向けられたのです ですが子供が誘拐されたら廓に売られると悟った朱音は耐えられませんでした
お内儀さんは、 二人のうち、身請け金の高いほうに落籍すと言い出します それを先生や殿の力を借りて…など朱音は切りぬけよう…としますが、やはり朱音を救うのも、そして惣右助を救うのもお互いでなければいけないですよね
朱音はすぐに手紙を届けたいため 手紙係の元にいこうとすると出入り口で惣右助とぶつかる 利一郎は娘の子守りをし、二人を待っていました
その日は泊まっていくが 疲れているため惣右助はすぐに寝てしまう 「…おまえがもっと俺を」と小さな声で訴えようとする惣右助ーーー…しかし「何?聞こえません」と一蹴されるのだった
ようやく顔が見られた…と惣右助は朱音の顔を触ろうとする…が、朱音はその手をはじく ケンカは自分のやきもちのせいだとわかっている惣右助は、町へ飛び出して行方を探しまわりながらようやく見つけた妻に、 「おい!朱音!」と大声で声をかけました
誠二郎は、茜と敷かれた布団をみて、 自分は楼主と身請け話をまとめるだけのつもりで来たと慌てます 「これでも自分ばかりとおっせぇすか!」 茜はどんどん惣右助に惹かれていく自分が怖いと感じていました
他の見世の3人は 朱音と紫の仕上がりに怖気づいていた 近江屋では惣右助が大慌てであいつを探していました
それならば従います」 紫「はっ 惣右助は最後の手段として松坂屋や三橋に頼ることも考えました
利一郎は惣右助と違い金を持っていません 仕事場では何気ないふりを装っている秀ですが、祖母の認知症による言動に対応したり、父親や母親の態度に腹を立てたりしています
5
ただ純粋に茜のために協力してくれる惣右助の想いを受けて、茜の心はさらに揺れ動きます。 一方、棄捐令を乗りきった近江屋は代替わりし、店を継いだ惣右助は松坂屋の遠縁の娘を嫁にもらって夫婦仲もいいともっぱらの噂でした。 その真意が気になるところ。 朱音が持っていたのは天秤棒で、用が済んだのでお返ししていると… 惣右助が無茶しやがって…とプンスカしてくる。 その時に紫は初めて米の味を知り感激する。 この川を遡れば川越に行けるーーー…そこには姉・朝明野がいる。 そんな時に真木村がやってきて利一の4人で中村のことを話します。 最終巻が無料で読めるので、「青楼オペラ」の世界観に浸りたい方は、 U-nextがおすすめですよ! \今すぐ漫画を無料で読む/ 桜小路かのこ|青楼オペラの関連作品• 31日間お試し無料で 600円分のポイントがもらえる。 この日はその遊女の最も馴染の客があがることになっています。 英国貴族御用達(全1巻) まとめ 今回は、漫画「青楼オペラ」の最終話のあらすじとネタバレ、感想をまとめました。
82 53