点描 の 唄 歌詞。 点描の唄

夏の思い出ソングとして、語り継がれる名曲となりそうですね。
井上苑子)」 いつまでも心を通わせ合えるような関係でいたいと主人公は願います
一方で、思い出が増えるごとに忘れがたくなってしまいます 貴方との思い出はたくさん増えていくけれど、貴方と居られる時間は少しずつ減っていく
いのうえ そのこ について 別れは確定していて、この想いを抱えたまま別れることを彼女は覚悟しています
或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください 恋愛ソングですが、曲中で2人の間で何かが進展するわけではありません
歌詞の意味に戻ります 井上苑子 」の 歌詞の意味を考察し解説します
泣き虫でもいいかな 強がらないでいいよ 限りある恋だとしても 出逢えて幸せです 私は泣き虫だけど、そんな自分でも好きで居てくれるのかなと不安げな様子 運命を信じる理緒は恋に落ちてしまうのですが、吟蔵には幼なじみで婚約者の万里香(古畑星夏さん)がいました
泣き虫でもいいかな 強がらないでいいよ 限りある恋だとしても 出逢えて幸せです 私は泣き虫だけど、そんな自分でも好きで居てくれるのかなと不安げな様子 もし悲しみに耐えられずに涙がこぼれてしまったら、どうか私の瞳をちゃんと見てほしい
今日を噛み締めていよう 終わるな 夏よ、終わるな 貴方と過ごせる時間は多く残されていないから、今日という日を大切に噛み締めて過ごそうと心に誓います それでも相手のことを想っている「好いている」という自分の感情は確かなもの
40 30