きめ つの 刃 ヒノカミ 神楽。 ヒノカミ神楽 (ひのかみかぐら)とは【ピクシブ百科事典】

烈日紅鏡• 輝輝恩光(ききおんこう) 這う低さから伸びあがりながら、祭具で宙に螺旋を描く舞い。 云わば 炭治郎独自の日の呼吸である。 水の呼吸の雫波紋突きと似ていますが、違いは柄頭を抑えているかどうか。 円舞 炭治郎が初めて使用したヒノカミ神楽の技で、名前の通り円を描くように、上から下へと刀を振りぬく技。 。 「ヒノカミ神楽 日の呼吸 」13の型についての考察【192話時点】 「ヒノカミ神楽 日の呼吸 」13の型とは 鬼滅の刃180話にて煉獄杏寿郎の弟・千寿郎の手紙によりヒノカミ神楽 日の呼吸 は13の型まであることが分かりました。 元は「日の呼吸」と同じ。 型一覧 以下は舞の型で全十二種。
32 5

ヒノカミ神楽 灼骨炎陽(しゃっこつえんよう) 上弦の陸【堕姫】との戦いのときに使った技です。

武士でもなんでもありません。

そう思われた方もいるかもしれません。

出生:戦国時代(作中の大正時代の約400年前)• ヒノカミ神楽の中で唯一の突き技で、炎を纏い一点集中で突きを繰り出します。

頸を斬るためには横の斬撃が必要だからです。

その事が原因で、鬼狩りを追放されてしまいます。

飛輪陽炎 猗窩座に対して使用した技で、名前のとおり相手には切っ先が陽炎の様に揺らいで見え、刀身が伸びたようにさえ錯覚させます。