👌中国 コロナ 責任 とれ。 WHOに噛み付いたトランプ大統領 勝者は中国 新型コロナで終わりを迎えるアメリカの時代(木村正人)

とっさに選んだ対応は、ただひたすらに黙って聞くことだった。

「黙れ」と叱責されると、続けざまに吐き捨てられた 市民や学生にインターネットで呼びかけ、香港政府の許可なしで行われた
黄会長は「新型コロナウイル感染症を初めて報告したのが武漢だとしても、中国は国際法上国家責任を負う必要はなく、その上ウイルスの発生源もまだ特定されていない」と述べた おそらく現在は起源よりも、新型コロナウイルスの性質や変異を明らかにしたり、またワクチン開発などの研究が最も精力的に行われているのだろう」 ウイルスの起源をめぐっては、中川さんが説明するように未だに解明されていない
法案が可決されると、全人代常務委員会が具体的な法律を制定した後、香港で施行される 新たな上場基準では、一部の海外企業のIPOについて、2500万ドル(約27億円)以上か上場後の時価総額の4分の1以上の資金調達を義務づける見通しだ
野生動物が住む原生林や不潔な屋外などで感染するため、常に住環境を清潔にしておく必要があるという ・中国から、日本はどう見えるか
閻氏の発言が再び注目を浴びたのは9月 休止状態だった経済活動が全米各地で段階的に再開されており、感染拡大の「第2波」に対して強い警戒感を示した
香港で国家安全法が施行され、日本で人気の高い周庭(アグネス・チョウ)さんが逮捕された時も怒りの声が上がった 対面による記者会見は中止され、代わりにテレビ会議やインターネット中継が行われた
習近平政権は香港で輪が大きく広がっている民主化運動をこの法案を使って直接、抑え込もうと画策している 発覚までに一年かかったブルセラ症 ブルセラ症という耳慣れない感染症も発生した
39 54