釘 崎 死亡。 釘崎野薔薇は死んだのか?現在の状態や復活説を死亡シーンから徹底考察

ここで釘崎の顔を吹き飛ばした真人の術式「無為転変」を効果を簡単に解説していきます。

精神帝に弱った虎杖に対しせめてもの慰めで放った言葉かもしれませんが、読者としても可能性に希望を持ってしまいます。

席には、呪術高専の仲間たちが座っていて、それを見た釘崎は「…っていうわけでもなかったかなぁ」とポツリ。

虎杖や伏黒に対しては第一印象として、虎杖「子供の頃鼻くそを食べていたタイプ」伏黒「重油まみれのカモメに火をつけてそう」などと辛らつな発言をしていましたが、さまざまな任務をこなしていくうちに釘崎の中でも欠かせない仲間という絆が芽生えていったのではないでしょうか。

ということで、現在釘崎の状態は生死の境をさまよっているという考えで落ち着くと思います。

このことから、合理性を優先して人の命を失わせるような性格ではないことがわかります。

21

本体の真人が走る先には釘崎の姿が。

その後普通に再生したかのように見えていますが、それは魂の形を変えているだけで本当に再生したわけではないのです。

少し経って、遠くへ引っ越す沙織を見送ったふみと釘崎ですが、顔をベチャベチャにして泣く釘崎の姿がふみの記憶の中で鮮烈に残っていました。

そうなると相手側に誘拐されている形つまり人質として釘先が相手側にいるのかもしれません。

釘崎の死亡シーンは125話• よって、釘崎野薔薇は間違いなく、生存している。

そこでこれまで真人の無為転変シーンとその相手の状態をおさらいしていこうと思います。

すべてが衝撃的すぎて、少し時間を置いて考察をしていきますよ!. 過去回想からパワーアップからの真人フルボッコ展開を予想していた矢先にまさかの釘崎退場。

そして現実世界に切り替わり、釘崎は虎杖に「皆に伝えて 「悪くなかった」!!」と言った後に顔の半分が吹き飛んだのでした。

作中屈指の人気キャラなだけあって、もし死亡が確定すれば大荒れとなりそうだが、果たしてどうなることやら…。

釘崎はすぐに家に入り浸ってお父さんとスマブラをしている毎日だった。

43