大島 てる 江戸川 区。 とある住宅街に“殺人が繰り返されてしまう建物”があった。大島てるが東京・中野区の事故物件を紹介【事故物件ラボ】

松原: 大阪の千林駅から徒歩3分という商店街のすぐ近くでめちゃくちゃ便利なんです。 岡山 0• 高千穂峡という、ここも名勝でございます。 松原: 以上の4つがてるさんがノミネートした2018年の事故物件です。 てるさんが紹介したノミネート事故物件の中から、まず1位を決めます。 松原: 次の画像お願いします。 次の画像をお願いします。 やっぱり北九州。 松原: これは夜の団地の風景ですかね。 たとえばひとりだけ殺されずにすんだみたいな方はいないというような、そういう特徴がある事件や事故が続いた年だったと。 木造アパートですから、焼け落ちるんですよ。
43
孤独死に関しては「事故物件じゃない」と言い張る人もいるのですが、もちろん事故物件です 事故物件の数はこの炎のアイコンの数なんですけれど、亡くなっているのはそれぞれひとりではなくて3人亡くなっていたり、ふたり亡くなっていたり
松原: 捨てがたいですよね 次いきましょう
4分の3くらいの部屋で怪現象が起きていて、特に404号室、5号室とかにたくさん現象が起きていた また、そこからさらに同じぐらいの距離で、今年の5月にテレビを置く台の引き出しに子供が勝手に入って死んじゃったということを父親が主張した事件がありました
(画像はより) 松原: はいはい こんな感じの廊下があって
大島てる: 物件の数です それを防止するためにフェンスを……
松原: 九州地方の「大島てる」をクリックすると、変わった亡くなり方が多いですね 松原: そういう場所なんですよね
大島: これは綺麗になった後ですか? 松原: 綺麗になった後です そういうことで4人なんですけれど、私としてはこの物件が一押しです
松原: 外国人が住みつくんですね 駅前なんですけれども繁華街でもなく住宅街なんですよ
28