ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件 について 78。 翻訳】ある日、お姫様になってしまった件について 78話【ネタバレと感想】

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」78話の感想 ルーカスの魔法レッスンが始まりましたが、まさかの教え下手でしょうか。

台詞なども自分なりに書き換えていることもありますので今後公開される日本版や、他の方が翻訳されたものと中身が違うことがありますが、それをご理解いただいた上でお読みください。

22
作者の体調や仕事の関係による連載休止や不定期連載のほか、「ある日お姫様になってしまった件について」がアニメ化、ドラマ・映画などの実写化などが決定すると、発表するタイミングや放送・公開の時期などによっても発売日が延期されたりする可能性もあります これで伝わらないのか?そう言いたげな様子で、ルーカスは頭に?を浮かべます
全編フルカラーなのですが、絵も色彩もとにかく綺麗で、アタナシアやクロードの綺麗な宝石眼の色や可愛らしいドレスは何度も読み返して眺めていたくなるくらいです クロードはフィリックスに、舟遊びの準備と、湖の人食い植物を片付けておくように命じる
自分の氏名や生年月日を入力するといった会員登録は不要で、 漫画BANK 漫画バンク のサイトトップページから「ある日、お姫様になってしまった件について」と入力して検索すれば、ある日、お姫様になってしまった件についての単行本が表示されます 「これでできたの?!」 あんなに分からない説明でやってのけた自分にやっぱり私才能あるのかなとアタナシアは思いますが、ルーカスがお前のような初心者にもできるように説明できるなんて俺ってやっぱり天才だなと言います
そんな過去を夢で見てしまったクロードは、苦々しい表情だ 人を浮かせる魔法は、もっと複雑だからな」 「パパは簡単そうにやってたのに…」 「パパも一生懸命練習したんだろうな」 「いや、パパは最初から得意だったんだよ」 「パパは努力家だな」 ルーカスは言うと、過去にアタナシアが懸命に勉強をしていた姿と重ねます
鋭い目付きはそのまま 姫様は知らないからと普段ならジェニットも考えたはずですが、タイミングが最悪でした
22