クラウスノミ 岩井。 醤油の魔神と塩の魔神の歌が頭から離れない!

岩井さんの衣装メイクの元ネタクラウスノミだよね??? 死ぬほど笑ってる — あじこ sakanacheese 岩井さん! クラウス・ノミやんけ笑 — ジェイク jakeandshout Twitterでも書き込まれているように、岩井さんのメイクや衣装の元ネタは「クラウス・ノミ」というドイツのパフォーマーです そしてキャッチーなのにどこか一筋縄では行かない音の表現は、思わず笑ってしまうのに決してダサくないギリギリの線を極めたシュールさだ
人々はみな新しい時代が来るのを待っている ハライチ岩井 スポーツ神経が天才! 芸術方面ですごい天才ぶりを発揮しているハライチ岩井さんですが、スポーツ神経も実はものすごいです
キャバ嬢『あいな』さんの番になって、『ハライチがすぐに売れた理由は?』の問いに いやー、どうだろうな、私素人だからわからないんですけど ハライチの二人はなんかもう、ネタが澤部のイジリ方説明書みたくなっているじゃないですかー 後で観てみようと思います
キワモノであると言われれば、それも否定できません 未来は今なんだ」 ノミの、我こそが時代の先駆者であらんとする姿勢が感じられる大好きな言葉だ
クラウス・ノミを知ったのは、1980年代、美術大学で現代美術を学んでいた時でした 音楽については、 トーキング・ヘッズが大ヒットし、その他にも ウルトラ・ヴォックスや ディーヴォ、 ジョイ・ディビジョンなど様々なタイプ、一般受けはしなさそうなアーティストまで、メジャー・シーンで人気を獲得をするような時代でした
徹底的なまでにドイツ語訛りの英語を使い、クラシックから、ポップソングまで強烈な実力と個性で歌い切る彼の悲哀を深く知ったのは、伝記映画『ノミ・ソング』と授業後に調べたネットからであった 教授はその反応を見てニタリと笑い、これが、クラウス・ノミの「ノミ・ソング」です
46
付き添いで岩井さんはテレビに映っっている感じになりました 2人に用意された期限は2週間
こちらが画像です 改めて彼のデビュー・アルバムを聴き直し、さらに彼のライブやテレビ出演の映像をYoutubeで観て、なんだか痛々しい気持ちにさえなってしまいました
渡辺直美さんの演技力も相まって素晴らしいコントになりました ただ、彼もまたシュールレアリズムの作家 ダリのような、特異な芸術家であるのだと言えば、それも正しいと思えます
( ワムの ジョージ・マイケルはこの頃はカミング・アウトしていなかったと思います あんな発想できることがすごい! そして歌も衣装もメイクも素晴らしい! Marvelous!! 渡辺直美と岩井さんが優勝だ! — poko shomelove2 レストランの醤油と塩が、思わぬ形で注目されましたね
岩井さん演じる『塩の魔人』と渡辺直美さん演じる『醤油の魔人』 やはり、調味料の醤油と塩がなければ料理の味は、ぼやけますね
猫好き岩井さんならではのシャコタン理由です 後で観てみようと思います
この時の澤部佑さんはノリにのっていて、コンビでテレビに出る機会よりも、一人でテレビに出演している時が多かったんです グラムロック大好き青年の僕は、教室の期待を背負って彼のロック話を長引かせるため、そしてその話が純粋に面白かったからなのだが、相槌などを打って熱心に聴いたものだ
60